2019年06月10日

TPF新橋 ミニ四駆ナイトチャレンジ[2019/06/03]

6月3日、タミヤプラモデルファクトリー新橋店にて開催された
ミニ四駆ナイトチャレンジに参戦してきました。


スケジュールの都合で新橋ナイトへの参戦は
先月の無印ナイト以来の約1か月ぶりとなりました。
マシン、きちんと走るか少々不安はあります。



今回のコース。

DSC_1024_2
DSC_1024_2 posted by (C)korori

写真右奥の白線の位置から反時計回り方向へスタート。
1枚スロープ上りは1枚着地。
コーナーから0.5枚を挟んで、
ドラゴンバック → 0.5枚 → 1枚スロープ下り → 1枚。
ストレートから180度(5レーンはバーニング)を抜けたら、
ドラゴンバック1枚着地。
180コーナーを経て1周です。

なかなか好バランスのレイアウトな印象です。
速度息は高めになりそうですが、
そのぶんコースアウトも増えそうです。

ところで、レース中は気にしていませんでしたが、
これもしかして2つのドラゴンバックの高さ違いましたかね?



・予選リーグ
 ポイント制
 エントリーした24人17人が
 A〜Dの4リーグA〜Cの3リーグに割り振られ、
 それぞれのリーグ内で1対1の総当たり戦。
 勝ち3P 完走負け1P リタイア0Pを 取得。
 各リーグ総取得ポイント上位3名4名が決勝トーナメントへ進出。

・決勝トーナメント
 各レース1対1でのトーナメント戦。
 サドンデス形式で一方がリタイアした時点で相手の勝ちが確定。
 各予選リーグ1位の選手はシードとして一回戦は免除。
 予選2位、3位通過の場合は、
   一回戦 → 準々決勝 → 準決勝 → 優勝決定戦
 優勝決定戦は最大3戦行い2勝先取した方が優勝。



で、新橋駅に着いたあたりからそんな気がしていましたが、
歩きながら鞄のなかを探ってみて確信しました。
電池ケースを忘れてきた!大失態!

ここから取りに戻るなら、
時間的に練習走行と予選2レース程度は棄権となりそう。
それはさすがによろしくない。
手元にあるのはマシンに入れていたネオチャンプ1組のみ。
あとは現地調達でアルカリ電池か。
・・・仕方がないですね。



【予選リーグ(Bリーグ)】
[1戦目]
 レブ2(3042) 3.5:1 1.347V(ネオチャンプ)
 ブレーキ:前3.0mm青スポ 後1.8mm青スポ中のみ
 自分:4レーン 相手:2レーン
 なんだかやたら調子の良いレブ2に頼る。
 相手先行。が、ドラゴンバックで相手コースアウト。
 そのまま完走して勝ち。結構良いタイム。25.07秒
 3P 累計3P
 リーグ内得点 3 3 3 0 0 0

[2戦目]
 レブ2(3042) 1.333V
 自分:1レーン 相手:4レーン
 ここも相手先行も、コースアウトで生き残り勝ち。25.82秒
 3P 累計6P
 リーグ内得点 6 4 4 3 3 0

[3戦目]
 レブ2(3042) 1.313V
 自分:5レーン 相手:4レーン
 リーグ表を読み間違えた。
 オーバースピードだったが無事ゴール。25.50秒
 3P 累計9P
 リーグ内得点 9 6 5 5 3 3

[4戦目]
 レブ2(3042) 1.299V
 自分:3レーン 相手:2レーン
 予選通過は確定。
 ここもしっかりと勝つ。25.74秒
 3P 累計12P
 リーグ内得点 12 7 6 6 6 6

[5戦目]
 レブ2(3042) 1.292V
 ブレーキ:前→3.0mmテープ
 自分:1レーン 相手:4レーン
 ここまでで予選1位通過が確定。
 そしてリーグ内は3位に4人が並び各々直接対決という面白い状況。
 電圧も落ちてきたので、コースアウト覚悟でブレーキを緩める。
 
 レブの加速の鈍さにより序盤は遅れるが、
 一気に速度を上げて追っていく。
 このパターンで巻いて突き放したのが前2レース。
 今回は追い付けるか・・・?
 が、途中相手が予想外のコースアウト。
 そのままねじ込んでいき勝ち。24.90秒
 挙動を見るにまだ上げられそう。電池は無いけど。
 3P 累計15P
 リーグ内得点 15 9 9 7 7 7


というわけで、
5勝0敗0リタイア 累計15Pで予選リーグフルマーク1位通過となりました!

完走大事!はもちろんですが、
速度も参加者全体を見ても結構良い感じに出せています。
このレブ2すごいな・・・。
・・・この後の電池は無いけど。



【決勝トーナメント】
[1回戦]
 シード

[準々決勝]
 レブ2(3042) 3.5:1 1.369V(アルカリ)
 ブレーキ:前3.0mm青スポ 後1.8mm青スポ
 自分:5レーン 相手:1レーン
 予選中のベストタイムは相手がやや上。
 5戦目の走りが再現できれば期待はできるが、
 勝てる確証は無いしそもそも再現できる電池が無い。
 練習走行である程度使ったアルカリと強めのブレーキで・・・どうだ?
 
 加速の鈍さと1周目のバーニングで差を広げられる。
 が、ここからはこちらが1枚内側。
 追い上げられるか?苦しいか?まだわからない。
 が、3周目の2個目のドラゴンバック先のコーナーに乗り上げるロス。
 これは痛い。
 そのまま追い付くことは叶わず負け。


というわけで、
準々決勝にて敗退でベスト8で終了となりました。


練習走行時ではありますが、
無茶しない範囲でチューンで24.4秒、ダッシュで23.8秒と、
今日はそれなりに期待できそうなセッティングを出せていたのですが、
いかんせん電池が不自由なのがとても痛かったです。
・・・完全に自業自得なのですが。
さすがにアルカリ電池を買い込んで、
それに合わせるほどの気合いは発揮できませんでした。

DSC_1023_2
DSC_1023_2 posted by (C)korori

まぁ、また次回から頑張りましょう。


posted by ころり at 15:15| Comment(0) | レース日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: