2019年07月01日

TPF新橋 ミニ四駆ナイトチャレンジ レブリミット[2019/06/27]

6月27日、タミヤプラモデルファクトリー新橋店にて開催された
ミニ四駆ナイトチャレンジ レブリミットに参戦してきました。


ナイト機を片軸のFM-Aにしてから、
どうにもレブを上手く扱えず低迷していたレブリミット。
今回も予定も不確かだったため元々エントリーしていませんでした。

が、前週のアニマルナイトで優勝できたため、
展示してもらったマシンを回収するついでに参加すべくエントリー。
なんだかやたらと回るレブ2が1個だけ育っているので、
これが生きているうちはレブリミットも戦えるかと期待して。

そして、同月内の新橋ナイト4種にすべて参加するのは、
2018年の5月、6月以来ちょうど1年ぶりとなりました。



今回のコース。

DSC_1068_2
DSC_1068_2 posted by (C)korori

前週のアニマルナイト時から変更なしですね。
おそらくは速度のボトルネックは中央のドラゴンバック、
速度を出したいがブレーキの加減が難しいレイアウトです。

前週に引き続きゴムリンローラーさんに頼って走りましょう。



・予選リーグ
 ポイント制
 エントリーした24人23人が
 A〜Dの4リーグに割り振られ、
 それぞれのリーグ内で1対1の総当たり戦。
 勝ち3P 完走負け1P リタイア0Pを 取得。
 各リーグ総取得ポイント上位3名が決勝トーナメントへ進出。

・決勝トーナメント
 各レース1対1でのトーナメント戦。
 サドンデス形式で一方がリタイアした時点で相手の勝ちが確定。
 各予選リーグ1位の選手はシードとして一回戦は免除。
 予選2位、3位通過の場合は、
   一回戦 → 準々決勝 → 準決勝 → 優勝決定戦
 優勝決定戦は最大3戦行い2勝先取した方が優勝。



で・・・、パーツケース忘れてきた!(汗

いやいやいや・・・、
ビスとかワッシャーなどの細かいものとブレーキスポンジはありますが、
ローラーやステー類を交換することができなくなりました。

そしてマシンは前週のレース後に展示のために預けたものを
今回のレース受付時に引き取ってそのまま使用するため、
前週のアニマルナイトの仕様のまま挑むことになりました。

今月のナイトチャレンジでの電池ケース忘れといい、
なんかここのところダメダメですね・・・。



【予選リーグ(Bリーグ)】
[1戦目]
 レブ2(3042) 3.5:1 1.353V
 ブレーキ:前1.8mmテープ 後1.8mmテープ
 ローラー:右前13mmゴムリンプラ
 自分:5レーン 相手:2レーン
 今月の新橋ナイト4種すべてBリーグ!
 見た目にはなかなか良い勝負を繰り広げる。
 これはどうなるかわからないぞ?
 が、終盤イン側に戻った相手に差されて1枚差で負け。24.89秒
 1P 累計1P
 リーグ内得点 3 3 3 1 0 0

[2戦目]
 レブ2(3042) 1.392V
 自分:2レーン 相手:4レーン
 同姓対決。そして相手の1戦目はかなり速かった。
 速度を上げて勝ちにいくも、相手コースアウト。
 想定よりタイムは伸びなかった。24.50秒
 3P 累計4P
 リーグ内得点 6 4 3 3 3 0

[3戦目]
 レブ2(3042) 1.326V
 自分:1レーン 相手:4レーン
 相手はここまでのリーグ内ベストタイム保持者。
 無理はせず堅実に完走。25.00秒
 1P 累計5P
 リーグ内得点 6 6 5 4 3 0

[4戦目]
 レブ2(3042) 1.372V
 自分:2レーン 相手:4レーン
 相手のタイムのデータが無いが、決して遅くはなさそう。
 ここは是が非でも勝ちたいので無茶の無い範囲で上げる。
 なかなかの接戦の末なんとか逃げ切り。
 勝ったはいいが想定より1秒近く遅かった。24.97秒
 3P 累計8P
 リーグ内得点 9 9 8 8 3 1

[5戦目]
 レブ2(3042) 1.361V
 自分:3レーン 相手:1レーン
 5巡目を前にしてこのレース、
   勝ち→突破確定(3位濃厚)、負け→4位敗退濃厚、リタイア→4位確定
 と、とにかく勝たなければならない状況に。
 そして2戦目以降の速度不足はモーターのブラシが1本折れた疑惑が。
 それでも勝負できるモーターはこれしかないので、
 綱渡りになるがこのまま挑む。
 
 超接戦。
 手に汗握り見守る中、ほんの鼻先差で辛勝。
 危なッ(汗 そしてますますタイム落ちてきた。25.03秒
 3P 累計11P
 リーグ内得点 11 9 9 8 4 1


というわけで、
3勝2敗0リタイア 累計11Pで予選リーグ1位で突破となりました!

十中八九3位通過だろうと思っていたら、
リーグ内の他のレースがまさかの全滅により棚ぼたで1位になりました。


問題なのは死にかけ疑惑のあるモーター。
目に見えて速度は落ちているものの、
他のレブ2よりまだだいぶ速いのでこれでいきたいところですが、
いつ回らなくなるかのリスクと隣り合わせの状態になります。
そしてここまでの走行データが使えないのも痛い。



【決勝トーナメント】
[1回戦]
 シード

[準々決勝]
 レブ2(3042) 3.5:1 1.422V
 ブレーキ:前1.8mmテープ 後1.8mmテープ
 ローラー:右前13mmゴムリンプラ
 自分:1レーン 相手:5レーン
 ここまでのタイムを見るに、
 今のモーターの状態だとちょっと厳しそうな相手。
 できる限り元気な電池を積んで喰らいつきにいく。
 レーン差はあれど思いのほか前に出ることができている。
 その後相手のコースアウトにより勝ち!
 ゴールまで走る。24.47秒

[準決勝]
 レブ2(3042) 1.381V
 自分:4レーン 相手:1レーン
 抑えて挑みダッシュでひっくり返された前々週のFM限定がよぎる。
 ここまで全完走できているし、緩めずいこう。
 想定以上に大きなリードを確保して走行していく。
 ゴールを目前にした最終周のドラゴンバックからの最終コーナー、
 収まりきらずまさかのコースアウト。負け。
 
 拾い上げたマシンに違和感を覚えたと思ったら、
 提灯が真ん中からボッキリと・・・(汗汗
 
DSC_1071_2
DSC_1071_2 posted by (C)korori
 
 妙な挙動でジャンプしてのコースアウトだったため、
 今のコースアウトで折れたというよりは
 練習走行時のコースアウトでダメージを重ねて歪み、
 今のでとどめをさされたか。

[3位決定戦]
 レブ2(3042) 1.365V
 自分:2レーン 相手:4レーン
 折れた提灯が気になるどころではないが、
 修理している時間も無いのでとりあえずマルチテープを巻く。
 が、1周目のドラゴンバックでコースアウト。負け。
 ダメだこりゃ。完全にマシンバランス崩れた・・・。


というわけで、第4位にて終了となりました。


DSC_1070
DSC_1070 posted by (C)korori

パーツケース忘れという失態を犯して
焦りまくってのスタートだったことを考えると、
内容も結果も結構頑張れたのではないでしょうか。
前週優勝できたレイアウトから変わっていなかったことが
結構大きかったのは間違いありません。

準決勝でのあの一瞬さえ耐えてくれていれば・・・、
というのはどうしても思ってしまうのですがね。


で、帰宅後、モーターを葬る前にブラシの様子を確認。

DSC_1072_2
DSC_1072_2 posted by (C)korori

片側2本とも折れてました・・・。


posted by ころり at 17:03| Comment(0) | レース日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: