2019年09月13日

TPF新橋 ミニ四駆ナイトチャレンジ FM限定[2019/09/09]

9月9日、タミヤプラモデルファクトリー新橋店にて開催された
ミニ四駆ナイトチャレンジ FM限定に参戦してきました。


未明から午前中にかけて非常に強い台風15号が直撃し、
結構な強風被害と交通網の混乱が起こった今日の首都圏。
都内の交通網は昼過ぎには復旧したため、
午後からミニ四駆を伴い出勤&ナイトチャレンジ参戦です。

なお、TPF新橋もスタッフさんが出勤できず、
営業開始を15時に繰り下げていたとのことです。



今回のコース。

DSC_1331_2
DSC_1331_2 posted by (C)korori

前週のナイトチャレンジと変わりありませんね。
下りスロープに泣かされた前週のリベンジとしたいところです。



・予選リーグ
 ポイント制
 エントリーした24人10人が
 A〜Dの4リーグA〜Bの2リーグに割り振られ、
 それぞれのリーグ内で1対1の総当たり戦。
 勝ち3P 完走負け1P リタイア0Pを 取得。
 各リーグ総取得ポイント上位3名が決勝トーナメントへ進出。

・決勝トーナメント
 各レース1対1でのトーナメント戦。
 サドンデス形式で一方がリタイアした時点で相手の勝ちが確定。
 各予選リーグ1位の選手はシードとして一回戦準々決勝は免除。
 予選2位、3位通過の場合は、
   一回戦 → 準々決勝 → 準決勝 → 優勝決定戦
 優勝決定戦は最大3戦行い2勝先取した方が優勝。


台風の影響でしょうか、参加者がかなり少ないです。

先月のナイトチャレンジのように、
予選リーグを2周&全員決勝トーナメント進出!
にするかなと思ったのですが、
今回は上記の通り予選1周&各リーグ3人通過となりました。
決勝トーナメント進出が6人になるため、
準々決勝からのスタートですね。

まぁ、先月のはかなりイレギュラーでしたし、
今日に関しては交通網の混乱の余波はまだ残っているので
早く終わらせるに越したことはないのでしょう。



【予選リーグ(Aリーグ)】
[1戦目]
 トルク2(2256) 3.5:1 1.411V
 ブレーキ:前3.2mmPOM 後1.8mm青スポ
 自分:3レーン 相手:1レーン
 練習走行での様子を見るに、
 今日はこのトルク2が良く走ってくれているのでこれをメインに。
 相手1周目コースアウト。
 無事ゴールへ。25.56秒
 3P 累計3P
 リーグ内得点 3 3 0 0 0

[2戦目]
 トルク2(2256) 1.375V
 自分:4レーン 相手:2レーン
 相手の1戦目は単独走行だったので速度域がわからない。
 とりあえずこのくらいで。
 結果、リードは充分。
 が、2周目終盤、
 バーニングを下りた直後のドラゴンバック着地で
 まさかのつんのめりコースアウト。
 ここで0Pは結構痛いぞ?
 0P 累計3P
 リーグ内得点 6 3 3 0 0

[3戦目]
 トルク2(2256) 1.388V
 自分:2レーン 相手:4レーン
 相手はここまでタイムが無いので速度域不明。
 スタートして間もなくジリジリと差をつけられていく。
 レーンはこちらが内側なので速度勝ちは無いか。
 が、相手コースアウトにより勝ちを拾う。25.85秒
 3P 累計6P
 リーグ内得点 7 6 6 0 0

[4戦目]
 トルク2(2256) 1.419V
 自分:2レーン 相手:4レーン
 油断ならない速度で走っている相手。
 ここで勝てれば大きいため攻めていく。
 が、速度が全然伸びない・・・?負け。26.78秒 
 1P 累計7P
 リーグ内得点 9 8 7 3 0

[5戦目]
 レブ2(2058) 1.361V
 ローラー:右前→13mmゴムリンプラ
 自分:5レーン
 単独走行。
 ここで3P取っても、
 現状1位、2位の両方にレースで負けているため
 1位通過はまず無理か。
 とりあえず堅実に完走。
 3P 累計10P
 リーグ内得点 10 9 8 6 3


というわけで、
3勝1敗1リタイア 累計10Pでリーグ内1位通過となりました!

最終レース、
暫定1位、2位だった方がどちらもコースアウトとなり、
まさかの棚ぼた1位通過となりました。
今日はこれで既にベスト4確定です。



【決勝トーナメント】
[準々決勝]
 シード

[準決勝]
 アトミ2(2514) 3.5:1 1.384V
 ブレーキ:前3.2mmPOM 後1.8mm青スポ
 自分:5レーン 相手:1レーン
 トルク2の調子が落ちてきたのでアトミ2に交代。
 予選4戦目で速度負けを喫した相手。
 今度はいけるかと思っていたところ、
 相手コースアウトにより勝ち!
 そのままゴールまで走って 25.56秒。

[優勝決定戦@]
 アトミ2(2514) 1.452V
 ブレーキ:後→1.8mmテープ
 自分:1レーン 相手:2レーン
 優勝決定戦まで上るとよく立ち塞がっている印象の相手。
 が、今日は勝負になりそうなタイムかな?
 とりあえず1本目は自滅覚悟で速度を上げていく。
 
 レーンはこちらが1つ内側ながら、
 思ったより前へ出られているか?
 怖いのはこの先の相手の伸び。
 と思ったら、下りスロープで相手コースアウト。勝ち!
 1勝0敗

[優勝決定戦A]
 アトミ2(2514) 1.431V
 自分:2レーン 相手:1レーン
 残っている中で一番元気な電池で勝負!
 レーンはこちらが1つ外側。必死に喰らいついていく。
 この差を最内・最外となる4周目にひっくり返せるか。
 
 4周目の内外差と相手のバーニングで逆転!
 5周目はまたこちらが1つ外側。逃げ切れ!
 
 が、1つ目の新橋スロープ下りでやや姿勢を崩し詰められる。
 うわぁ、ここでのロスは痛い。
 残るコーナーは左右差し引き180度ぶんこちらが不利、
 そしてこのロスからの再加速ぶんがある。
 ・・・どうだ!?
 
 ほぼ横並びでゴールへ。
 その差はほんの鼻先、せいぜい2cm程度か。
 逃げ切った!勝ち!
 2勝0敗


DSC_1335_2
DSC_1335_2 posted by (C)korori

というわけで、
優勝決定戦2勝0敗で優勝まで登りつめることができました!


台風で参加人数が少なかった今回は
単純に数字だけ見れば美味しいタイミングだったかもしれませんが、
結局勝ち上がっていくと強敵と当たるのは変わらないわけで。
その中で速度勝負ができたことの価値は
普段とそう変わらないのではないでしょうか。


FM限定では2018年3月以来1年半ぶり2度目、
新橋ナイト総合では今年6月のアニマル以来3カ月ぶり5度目の優勝です。
年内優勝回数の自己記録をまた伸ばすことができました。

欲を言えば今年中にあと1回くらいは・・・。
そして、好調なアニマルナイトに対して
どういうわけか苦戦しているナイトチャレンジでも勝ちたい・・・!

DSC_1336_2
DSC_1336_2 posted by (C)korori


posted by ころり at 20:30| Comment(0) | レース日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

TPF新橋 ミニ四駆ナイトチャレンジ[2019/09/03]

9月3日、タミヤプラモデルファクトリー新橋店にて開催された
ミニ四駆ナイトチャレンジに参戦してきました。



今回のコース。

DSC_1309_2
DSC_1309_2 posted by (C)korori

ついに・・・!ついに変わっ・・・た?・・・のか?

6月頭からずっと平面図のシルエットに変化が無く、
スロープ等の位置はときどき変化したものの、
最難所が中央あたりのドラゴンバック1枚着地は固定。
それが8月の下旬を回る頃まで続いていました。

で、今回(厳密には8月最終週あたりから)、上の写真のように!

まぁ、結局平面図シルエットと
中央のドラゴンバックの配置は変わらないのですが、
2箇所の空中回廊が設置されたこと、
そして走行方向が時計回りになったことが大きな変化です。
記憶を辿ってみる限り、
TPF新橋のレイアウトが時計回りだったことって・・・あったかな?


スタート位置は写真左下、
白テープの位置から時計回り方向です。

練習走行の感触だと、
一番の危険ポイントはやはり終盤のドラゴンバック1枚着地。
次いで最初の1枚スロープ1枚着地。
2箇所の新橋スロープ下りもイレギュラーな挙動が怖いところです。
2週前までのレイアウトとジャンプセクションが多くなっていますが、
反面加速区間が少ないので速度設定は上げられるでしょうか。



・予選リーグ
 ポイント制
 エントリーした24人19人が
 A〜Dの4リーグに割り振られ、
 それぞれのリーグ内で1対1の総当たり戦。
 勝ち3P 完走負け1P リタイア0Pを 取得。
 各リーグ総取得ポイント上位3名が決勝トーナメントへ進出。

・決勝トーナメント
 各レース1対1でのトーナメント戦。
 サドンデス形式で一方がリタイアした時点で相手の勝ちが確定。
 各予選リーグ1位の選手はシードとして一回戦は免除。
 予選2位、3位通過の場合は、
   一回戦 → 準々決勝 → 準決勝 → 優勝決定戦
 優勝決定戦は最大3戦行い2勝先取した方が優勝。



【予選リーグ(Cリーグ)】
[1戦目]
 アトミ2(2400) 3.5:1 1.376V
 ブレーキ:前なし 後1.8mm青スポ
 自分:1レーン 相手:4レーン
 練習走行の感覚だと、今日は参加者の中でもだいぶ遅い・・・。
 そして相手は速いお方。
 が、レーン差か?想定よりも前を走る。
 その後相手コースアウトにより勝ちを拾う。26.25秒
 3P 累計3P
 リーグ内得点 3 3 3 0 0

[2戦目]
 ハイパー2(2928) 1.352V
 自分:5レーン 相手:4レーン
 ダッシュタイム!1戦目を見るにここが使い時。
 ここで勝てれば後がだいぶ楽になり、リタイアでもダメージは少ない。
 相手の少し前を走る狙い通りの速度。
 が、4周目ドラゴンバックでコースアウト。
 惜しかった。
 0P 累計3P
 リーグ内得点 6 6 3 3 0

[3戦目]
 アトミ2(2400) 1.327V
 自分:5レーン 相手:2レーン
 堅実に勝ち。
 3P 累計6P
 リーグ内得点 9 9 6 4 1

[4戦目]
 レブ2(2448) 1.307V
 ローラー:右前→13mmゴムリンプラ
 自分:5レーン
 単独走行。
 ここで着実に3Pを取って次完走で予選突破は確定。
 ・・・のはずだったが、
 がっつり抑えながらも
 1つめの新橋スロープ下りからリヤ跳ねでリタイア。
 これはアカン・・・。
 0P 累計6P
 リーグ内得点 12 10 7 6 2

[5戦目]
 アトミ2(2400) 1.480V
 ローラー:右前→13mmPOM
 自分:2レーン 相手:4レーン
 先程の状況で状況は一気に厳しくなった。
 ここまでフルマーク&リーグ内最速タイムの相手に勝つことは必須。
 その上で暫定3位の方の結果次第。
 とにかく対戦相手のコースアウトは望み薄なので飛ばすしかない。
 わずかながら前を走れている・・・!いけるか?
 が、4周目1つめの新橋スロープ下りであえなくコースアウト。
 0P 累計6P
 リーグ内得点 15 13 7 6 5


というわけで、
2勝0敗3リタイア 累計6Pでリーグ内4位で敗退となりました。


DSC_1310_2
DSC_1310_2 posted by (C)korori

完全に結果論ですが、
4戦目までで暫定3位の方が
5戦目5周目でまさかのコースアウトとなったので、
こちらは5戦目無理せず完走していれば勝ち上がれた状況でした。
が、あの時点で安全運転の選択肢はまず無いでしょう。
判断としては間違っていなかったと思います。

そして、2戦目のダッシュタイムもそう間違いではなかったはずです。

すべては単独走行でのコースアウト。これに尽きます。


今日の大半のコースアウトがやはりドラゴンバックで発生している中、
新橋スロープ下りで思わぬ苦戦をしてしまったFM-Aナイト機。
ちょっとなんとかしないといけませんね。


posted by ころり at 21:22| Comment(0) | レース日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

TPF新橋 ミニ四駆アニマルナイト[2019/08/21]

8月21日、タミヤプラモデルファクトリー新橋店にて開催された
ミニ四駆アニマルナイトに参戦してきました。



今回のコース。

DSC_1200_2
DSC_1200_2 posted by (C)korori

前週のFM限定時から変化無しですね。



・予選リーグ
 ポイント制
 エントリーした24人18人が
 A〜Dの4リーグA〜Dの4リーグに割り振られ、
 それぞれのリーグ内で1対1の総当たり戦。
 勝ち3P 完走負け1P リタイア0Pを 取得。
 各リーグ総取得ポイント上位3名が決勝トーナメントへ進出。

・決勝トーナメント
 各レース1対1でのトーナメント戦。
 サドンデス形式で一方がリタイアした時点で相手の勝ちが確定。
 各予選リーグ1位の選手はシードとして一回戦は免除。
 予選2位、3位通過の場合は、
   一回戦 → 準々決勝 → 準決勝 → 優勝決定戦
 優勝決定戦は最大3戦行い2勝先取した方が優勝。


参加者18名で4リーグとは意外でした。



【予選リーグ(Aリーグ)】
[1戦目]
 トルク2(2118) 3.5:1 1.369V
 ブレーキ:前3.2mmPOM 後1.8mm青スポ
 ローラー:左前13mmゴムリンプラ
 自分:4レーン 相手:2レーン
 2周目白レーン新橋スロープ下りにてコースアウト。
 0P 累計0P
 リーグ内得点 3 3 0 0 0

[2戦目]
 アトミ2(2280) 1.368V
 自分:4レーン 相手:2レーン
 相手がかなり速い。負け。25.10秒
 1P 累計1P
 リーグ内得点 6 3 3 1 0

[3戦目]
 アトミ2(2280) 1.367V
 自分:4レーン 相手:2レーン
 白レーン新橋スロープ下りでひっくり返る。
 これ、今日ダメなヤツだ・・・。
 0P 累計1P
 リーグ内得点 7 6 6 1 0

[4戦目]
 レブ2(2448) 1.351V
 自分:5レーン
 予選突破の目はまだあるにはあるが、絶望的な状況。
 とりあえず単独走行は安全に取る。27.50秒
 3P 累計4P
 リーグ内得点 10 9 6 4 0

[5戦目]
 ハイパー3(2928) 1.335V
 ローラー:左前13mmゴムリンプラ2段
 自分:4レーン 相手:2レーン
 ここで現状1位の相手に勝ち、
 別レースで3位の選手がリタイアすることが、
 予選突破のための条件。
 前項も厳しいし、後項はきっと抑えて完走するだろう。
 
 とにかく、やけくそのダッシュタイム!
 それでも相手が予想以上に速い。
 最後まで競り合って1台程の僅差で辛勝。24.02秒
 3P 累計7P
 リーグ内得点 12 11 7 6 0


というわけで、
2勝1敗1リタイア 累計7Pでリーグ内3位で予選通過となりました。

5戦目で暫定3位だった選手はまさかのダッシュタイムでコースアウト。
抑えればよかったのに・・・。
こちらは完全に棚ぼたでした。



【決勝トーナメント】
[1回戦]
 アトミ2(2280) 3.5:1 1.393V
 ブレーキ:前3.2mmPOM 後1.8mm青スポ
 ローラー:左前13mmゴムリンプラ
 自分:2レーン 相手:1レーン
 しっかり先行して勝ち。25.34秒
 あれ?想定より遅いな。

[準々決勝]
 アトミ2(2280) 1.402V
 自分:3レーン 相手:1レーン
 ダッシュをよくぶつけられる印象のある相手。
 警戒していたがダッシュは無かった。
 先行して走る中、3周目白レーン下りでコースアウト。
 やっぱりここか。負け。


というわけで、
準々決勝にて敗退でベスト8で終了となりました。


DSC_1199_2
DSC_1199_2 posted by (C)korori

そういえば今回の参加賞はホイールでした。
メッキボディより販売価格は安いかもしれませんが、
こっちのほうが実用的ですね。


前週と同レイアウトながら、
今日はコースコンディションに悩まされる内容になりました。
本来であれば予選落ちが濃厚だったため、
ここまで残してもらえただけでもラッキーでした。

自分を含め参加者の多くが、
特に白レーン新橋スロープ下りで姿勢を乱すことが多かった今回。
おそらく直前のフェンスギャップに起因するものと思われますが、
そこを何事もなく走行するマシンもいるわけで。

DSC_1201_2
DSC_1201_2 posted by (C)korori

一体何が違うのか。


posted by ころり at 21:22| Comment(0) | レース日記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする